2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

« モバイルルーターを新調 | トップページ | 朝日新聞の水増し発行が内部告発される »

2016年4月17日 (日)

システム紹介149 ラインケーブルのLR分離

 私はラインケーブルとしてソニー製のRK-C305(販売完了品)を高評価し、使用しています。

 ただし、このケーブルはLRのケーブルがくっついた状態となっていることが音質上悪影響となっていると考えられえます。実際、LとRを切り離すと高音質 になるとの報告が複数あがっています。たとえば、ファイルウェブコミュニティーにおいてkitatanukiさんが日記でRK-CシリーズのLR切り離しを試し、音質改善を報告しています。

 私はLR切り離しの効果があるという知識はもっていましたが、先に試したいことがたくさんあったためにこのことにはこれまで手をつけず、LRがくっついたままのケーブルを使用していました。今回ほかの探求が一段落し、ようやく実施に至りました。


 ケーブルをはずしたところです。ケーブルの周りには音色改善用に小提琴奏者氏が見出したセメダインラピー銀が巻いてあります。



セメダインラピー銀をはがします。


LRのケーブルを引き裂きます。


左右それぞれのケーブルにセメダインラピー銀を巻きます。この状態のケーブルを接続しなおして、比較試聴してみました。

 たしかに、音の広がりがよくなっています。以前は、部屋の後ろぎりぎりまで下がると立体感が増すものの、前よりに座るともうひとつに感じられたのですが、今回は広い範囲で広がりが感じられるようになりました。いくつかの曲を聴いても同様に効果が感じられます。

さらに確認するためにこちらを試してみました。

Photo

 こちらの映画ベイマックスは居間のテレビで、2chの内蔵スピーカーで視聴したのですが、2chにおいてもしっかりと録音されているらしく、画面外の人物のセリフがスピーカーのかなり外側から声が聞こえてきたので驚きました。 これはYoshii9でも聞いてみようと思い、試してみたのですが、そのときは立体感はあるものの期待したほどではありませんでした。

 今回、LRのケーブルを切り離した状態で再度Yoshii9にてベイマックスを視聴してみると、画面外の人物のセリフが、スピーカーのずっと外側の横に近い方向にしっかりと定位するようになりました。

 私はこれまで、ケーブルの比較において、チャンネルセパレーションをあまり重要視して聞いていなかったようです。今回、ケーブルの分離をやってみてその重要性が確認できました。

 なお、私の書いたシステム紹介記事についてはこちらにリンクをまとめています。
オーディオシステム紹介

←よろしければ応援クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←PCオーディオブログ村もお願いします。
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村←公務員試験に役立つブログが多数参加

« モバイルルーターを新調 | トップページ | 朝日新聞の水増し発行が内部告発される »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

ご参考
www.amazon.co.jp/dp/B01FVDFQFE

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システム紹介149 ラインケーブルのLR分離:

« モバイルルーターを新調 | トップページ | 朝日新聞の水増し発行が内部告発される »