2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

« RR-77のインシュレーター効果確認 | トップページ | 外付けHDDの電源 »

2015年10月28日 (水)

システム紹介141 2台目Udif7へのシールド

 私はPCオーディオに使用するDDCとしてフェーズテックのUdif7を使用しています。そして、SE-U55GX等と同様にUdif7においてもPCに2台接続することによる高音質化が確認されえたため、Udif7を2台接続し、1台目からのみ音を採り、2台目は接続するのみという使い方をしております。

 PCからスピーカーまでのシステム構成は下のようになっています。

PC(WINDOWS XP)

USBケーブル AUS-10M10WH

USBハブ RAL-02HUB  - DDC  UDIF7

USBケーブル AUS20WH

DDC UDIF7

DSIX-1.0PA

DAC SE-U55GX(単体DACとして動作、USBは接続せず)

RCAカプラ YN-AC2 gold

ラインケーブル RK-C305

プリメインアンプ YA-1(Yoshii9エンジン部)

スピーカーケーブル ライカル線

Yoshii9スピーカー部

 Udif7は基盤の状態で売られている製品のため、そのままではシールドがありません。そこでこのようなメッシュシールドを購入しシールドしてみることにしました。


 まず、1台目のUdif7へのシールドにより効果が認められたので、引き続き2台目のUdif7を試しています。
 前回の記事では、比較試聴したのですが、シューマン共鳴波発生装置RR-77のインシュレーターが一部外れていたため、どちらかといえばこちらの比較試聴となってしまったことを報告しました。今回はRR-77を復旧した状態で改めて比較試聴しています。

 機器の下にひいたメッシュは撤去が面倒なのでこのような状態の比較となっています。
シールドなし(不完全)


シールドあり


 聞き比べてみると、1台目のときほどの効果は認められず、音の差はかなり小さく、適当に言葉にできるほどのものではありませんでした。ですが、時間を かけて何度も聴いているとシールドがあるほうが、音楽に浸れる印象を持ったため、シールドをつけた状態でいくこととしました。
 また、前回、RR-77のインシュレーターが一部外れていた時はもっと差があるように感じられてので、もしかしたらシールドがRR-77の効果を阻害する面があるのかもしれません。

←よろしければ応援クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←PCオーディオブログ村もお願いします。
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村←公務員試験に役立つブログが多数参加。

« RR-77のインシュレーター効果確認 | トップページ | 外付けHDDの電源 »

オーディオ」カテゴリの記事

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システム紹介141 2台目Udif7へのシールド:

« RR-77のインシュレーター効果確認 | トップページ | 外付けHDDの電源 »