2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

管理用

  • 管理用

« 教科書は国の広報誌であってはならないと朝日新聞 | トップページ | カレー市民 アルバ »

2015年4月12日 (日)

カレーのチャンピオン本店

Img_0620

 石川県野々市市の金沢工業大学近くにある「カレーのチャンピオン」本店です。誰が言い始めたのか分かりませんが、近年このお店のカレーおよび類似のカレーがB級グルメ「金沢カレー」として知られるようになりました。この「カレーのチャンピオン」通称チャンカレはわりと金沢カレーの発祥のお店として扱われることがよくあります。

カレーのチャンピオン 本店
住所:石川県野々市市高橋町20-17
GoogleMapで表示

 この店舗は以前は「ターバン」という名前であり、同じ「ターバン」という名前のカレー屋が金沢市内にいくつかありました。そのため、「ターバン」が名称変更して「チャンピオン」になり、「ターバン」というカレー屋はなくなったと思っている方も少なくないようです。

 実際には2人の共同経営で始めたカレー屋が「ターバン」があり、片方が辞職して独立し別の「ターバン」を作ったのですが、元々の会社の方が「ターバン」を商標登録したために独立した方が「ターバン」の名称が使えなくなったために「チャンピオン」と名前を変えたとのことです。従って、「チャンピオン」とは別にもともとの「ターバン」も広坂通りに店舗が存続しています。ですので、金沢カレーの元祖としては「チャンピオン」、「ターバン」の2者が併存していることになります。

 カレーのチャンピオンは食券制をとっています。

Img_0623

 こちらが券売機です。

Img_0624

 「ただいまサービスタイム中」となっていますが、大半の時間帯がサービスタイム(平日11:00~24:00、日曜祝日21:00~24:00)となっています。

Img_0495
 こちらはLカツカレーです。価格あたりの量はかなり多めで、お得感があります。金属製の皿にのり、ソース付きのカツとキャベツがついているのが金沢カレースタイルらしいです。

 同じく「金沢カレー」と呼ばれているゴールドカレー、ゴーゴーカレーとは似たような味なのですが、私としてはゴールドカレー、ゴーゴーカレーの両者はソース的な味付けがしつこい感じがするので、チャンピオンカレーの方が好きです。なお、「ターバンカレー」との比較は別の機会に書いてみたいと思います。

 時々つい食べたくなってしまう金沢カレーですが、このチャンピオンは味が良く、コストパフォーマンスが非常によいため、良くいくお店となっています。

←よろしければ、応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村←こちらでも結構です。

 

« 教科書は国の広報誌であってはならないと朝日新聞 | トップページ | カレー市民 アルバ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カレーのチャンピオン本店:

« 教科書は国の広報誌であってはならないと朝日新聞 | トップページ | カレー市民 アルバ »