2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

管理用

  • 管理用

« 平成12年の国家公務員採用I種試験 | トップページ | 男性の白髪と薄毛、若い女性へのアンケートで白髪が圧勝 »

2015年3月 3日 (火)

官庁訪問5(平成12年国家I種)

 平成9年、10年、11年の官庁訪問が1次試験後すぐに始まったのに対してさすがに1次試験に合格するかどうか分からないうちから官庁訪問をスタートさせることに対して批判があったのか、平成12年は1次合格発表日に官庁訪問が解禁となる方式に戻されていました。

 私の採用希望先としてはやはり研究職である地質調査所、もし他を考えるなら国土地理院との考えでした。また、研究職である防災科学技術研究所も魅力的でした。

 どれも筑波にあるため、筑波にホテルを取って出向くことにして、訪問希望先に連絡を取ったところ、防災科学技術研究所からは

「えっ、ああ、国家I種からの採用はなくなりました。ごめんなさいね」

という残念な返事が返ってきました。

 国家公務員の研究職採用は全体的に博士号取得者を対象とする選考採用が多くなってきており、国家公務員採用I種試験(研究所では「採用試験」と呼んでいました)からの採用は減少する傾向にありましたが、平成13年から多くの国立研究機関が独立行政法人となることもあり、I種試験からの研究職採用はこの頃からさらに絞られていきました。

 この防災科学技術研究所には平成14年に別の職員募集があったので応募したのですが、このとき訪問して聞いたところによると、理事長は博士を持っていないものは研究員採用はダメだという考えであり国家I種からの採用はないだろうとの事でした。(そのときお会いした研究員の方もかつて国家I試験により採用された方なのですが)

 さて、話を戻しまして、平成12年の官庁訪問です。つくば市内に2箇所の訪問先があるため、つくば市内の移動に便利なように平成8年に続き自家用車で筑波まで行きました。

 地質調査所ではまず、地質調査所次長と面談し、これまで自分がやってきたことを説明しました。地質調査所が所属する工業技術院は翌年からの独立行政法人産業技術総合研究所への移行を控え、新規採用の半数は産業技術総合研究所として決定し、残り半数は現状の各研究所で決定することとしているとの事でした。その半数の中で新規採用数をやりくりし、一部をI種試験から採用するということらしく、今回は1人または2人欲しいといっていました。

 分野としては、地質図幅を作製する職員ということで地質部での採用を考えているお話でした。その後、地質部長と岩石地質課長を紹介され、面談を行いました。ここでも自分がやってきたこと、出来ることをアピールしました。


←よろしければ、応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村←こちらでも結構です。

にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村←こちらでも結構です。

« 平成12年の国家公務員採用I種試験 | トップページ | 男性の白髪と薄毛、若い女性へのアンケートで白髪が圧勝 »

公務員試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 官庁訪問5(平成12年国家I種):

« 平成12年の国家公務員採用I種試験 | トップページ | 男性の白髪と薄毛、若い女性へのアンケートで白髪が圧勝 »