2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

管理用

  • 管理用

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

選挙報道「公正に」 自民、テレビ各社に要望文書

自民党が在京のテレビキー局各社に対し、衆院選の報道にあたって、「公平中立、公正の確保」を求める文書を送っていたことがわかった。街頭インタビューなどでも一方的な意見に偏ることのないよう求めるなど、4項目の具体例を挙げている。識者からは報道の萎縮を懸念する声も上がっている。

ーー中略ーー

 

テレビ東京高橋雄一社 長は27日の定例会見で、「こうした要請はこれまでの選挙でもいろんな党から来ている」と話し、「構えたり、萎縮したりすることはないか」との問いに、 「全然ないですよ」と答えた。一方でキー局の報道幹部は「これまでとの比較は難しいが、過去の『偏向報道』を持ち出すなど圧力も感じる」と話した。
ソースはこちら

 このニュースについて、やれ言論弾圧だ、恫喝だ、などという声が上がっています。しかし、この内容自体はTVが法律により要請されている公平性の確保をお願いしただけの至極まっとうなものです。また、国家権力を用いて圧力をかけているものでもありません。
 そして、この記事にあるように

>こうした要請はこれまでの選挙でもいろんな党から来ている

というテレビ東京の反応もあるように、自民党だけがやっているものではありません。出演回数の公平な確保については共産党が
機関紙などでいつも要請をしていることをアピールしているところを見かけます。

 選挙を前に自民党を負けさせたいと願う人たちが失態に仕立て上げようとしているということなのでしょう。


←よろしければ、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。

にほんブログ村

2014年11月28日 (金)

田母神俊雄・西村真悟が公明党の選挙区より衆議院に立候補

 まもなく行われる衆議院選挙に田母神俊雄が東京12区から、西村真悟が大阪16区からともに次世代の党公認で立候補するようです(ソースはこちら)。

 この両選挙区はどちらも公明党の現職がいるところであり、自民党は公明党候補を推薦するものと思われます。両選挙区の保守系有権者にとっては選択肢が増えて朗報と思われます。


←よろしければ、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。

にほんブログ村

 

2014年11月27日 (木)

美濃市「うだつの上がるまち」訪問

 美濃の「うだつのあがるまち」を訪問しましたので、アップします。

Dscf6483

昔風の町屋が並んでいます。

Dscf6494
先ほどの場所は電柱がありましたが、町屋街になっているところの多くは無電柱化されています。


Dscf6489


Dscf6490

通りの写真をいくつか取りましたが、載せていて肝心の「うだつ」が大きく写った写真がないことに気がつきました。・・・・失敗。なお「うだつ」とは隣家との間に立ち上げた屋根よりややたかい防火壁のことです。美濃の町屋ではお金の有る家が立ち上げたとのことです。私の住んでいる石川県は町屋が多く残る地域だと思いますが、こちらでは「うだつ」を見たことがありません。ネットで調べると「うだつ」で知られる地域は太平洋側ばかりだったので、北陸にはないのかもしれません。
Dscf6491
十六銀行も、回りに配慮した意匠のつくりとなっています。うだつもあげています。ただ、隣家と接していないので、代表的なうだつではありません。

Dscf6492


Dscf6493
十六銀行入り口です。   

Dscf6487   
まちのなかには喫茶などもあります。

Dscf6495_2
 こちらのちょうちん屋さんに入って見ました。なかでちょうちんを作っているお母さんが和紙のちょうちんの作りかたを説明しながら作っていました。   

以上、余り長時間は滞在できませんでしたが、良い散策となりました。
←よろしければ、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。

にほんブログ村

2014年11月26日 (水)

explorer.exeを停止(終了)する意義

 explorer.exe(エクスプローラー)はWindows95およびWindowsNT4.0以降のWindowsにおいて、デスクトップの表示やファイル操作のためのシェルを司るプログラムです。

 ですので、何かの拍子にexplorer.exeが終了してしまうと、デスクトップのアイコンとタスクバーが消え、多くの操作が出来なくなってしまいます。予期せぬトラブルによる異常終了以外に、Windowsを軽くしようと思ってタスクマネージャーで不要なタスクを終了させようとしてexplorer.exeまで停止してしまい、Windowsの操作が出来なくなってしまったなんて話も聞きます。

 このようにexplorer.exeを選択した状態でプロセスの終了をクリックし、出てくる警告に対して「はい」をクリックするとexplorer.exeが停止します。
 そのような状況になってしまったときは、Alt(graph) + ctrl + del の3つのキーを押してタスクマネージャーを立ち上げ、「新しいタスク」をクリックし、名前のところにexplorer.exe と入力してリターンキーを押すとエクスプローラーが復活し、Windowsが通常操作できるようになります。
 このことを知っていても余り役に立つことはなく、知っておくメリットとしては、通常、explorer.exe終了のトラブルに対処できるというくらいのことです。以前、Windows7を使用している知人からSNSを通して、デスクトップの表示が消えたというヘルプがあり、explorer.exeを起動するという解決策を教えてあげて感謝されたことが一度だけありましたが、「普通に役立った」のはそれくらいです。
 このwindowsの操作が不便になる「explorer.exeの停止(終了)」ですが、これをあえて行おうとする場合があります。
 ひとつのケースとしては、自宅で仕事をしているような場合で、仕事に集中したいとき、あえてexplorer.exeを停止することによって、ついブラウザを立ち上げてネットサーフィンしたりといったことを防止するという活用法が考えられます。explorer.exeを停止するとデスクトップの表示が消え、フォルダを開いたり、スターメニューをクリックしたり出来なくなるのですが、すでに立ち上がっているソフトについてはAlt + Tabキーを同時に押すことにより画面を切り替えて使い続けることが出来るので、仕事に使うソフトのみを表示しておくことが出来ます。
 また、explorer.exeを停止して、別のシェルソフトを使用することにより、安定性を向上させたり、自分が使い易いようにカスタマイズする使い方もあり得ます。
 PCオーディオの世界では、WindowsなどOSの設定についても煮詰めることで音質が向上することが知られていますが、その手法の一つとして「explorer.exeの停止」が知られています。
 かなり効果がるとしている書き込みを結構見かけますし、人気ブログ「PCオーディオ実験室」においても大きな効果のある方法であり、PCの設定が音質に影響があることを体感するために試して見ることを薦めています(こちら)。
 
 このようにPCの設定を煮詰めることによりPCオーディオの音質追及をしている人たちに評価されているexplorer.exeの停止ですが、私においても何度も試してみています。
 内容がかなりの大技だけに期待を持って実行してみたのですが、過去に数回試した限りでは、いづれも全く音質の違いが分かりませんでした。今回この記事を書くにあたり、メインシステムにて再度、数回やってみたのですが、若干音の実体感がましたかな?という程度に変化を感じたのですが、ほとんど気のせいレベルでしかありませんでした。
 このブログをお読みいただけていれば分かりますが、私は音の違いが全く分からないタイプではなく、ラインケーブルやUSBケーブルの音の違い、リッピング方法による音の変化を聞き分けていますし、PCの設定についてもtweak UIにてまとめて設定を変えたときには音の変化がわかりましたので、私の耳が原因で違いが分からないということはないと思います。
 
 PCの設定をかなり追い込んでいるメインPCだから差が出ないのかと思い、持っているべつのPC(こちらもWinXP)でも試して見ましたがこちらもぜんぜん差が分かりませんでした。もっとも、このPCも高速化のためデスクトップをクラシック表示にしたり、アニメーションを切ったりといった設定変更をしていますので、全く無対策のPCならば効果が出るのかもしれません。

 ということで、explorer.exeの停止は私においては大技の割りに意義を見出せない手法でありました。

←よろしければ、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。

にほんブログ村

アルバイトなどの時給 調査開始以降最高

 先月、企業が大都市圏でアルバイトやパート従業員を新たに募集した際の時給の平均は、人手不足を背景に平成18年以降で最も高くなったことが民間の調査で分かりました。
 求人情報サイトを運営する会社、「リクルートジョブズ」は毎月、企業が首都圏、関西、東海でアルバイトやパート従業員を新たに募集する際の時給を調査しています。それによりますと、先月の時給の平均は去年の同じ月より8円高い961円で、調査を始めた平成18年以降で、最も高くなったということです。
以下略 ソースはこちら
 給料の変動が早いパートやアルバイトでは自給が上がっているとのニュースです。安倍政権の成果なのか、全体に業務量が増え、人手不足気味になっている企業が多そうだとのことです。アベノミクスでも給料が上がっていないとの声の喧伝されているところではありますが、今後の正社員の賃上げに波及することが期待されます。


←よろしければ、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。

にほんブログ村


2014年11月24日 (月)

「僕らの一歩が日本を変える。」ってなに?

 「僕らの一歩が日本を変える。」なる団体がおこしたズッコケニュースでにぎわっています。

「小4が作った」は嘘 解散問うサイト炎上でNPO団体代表が謝罪
 「10歳の中村」を名乗るユーザーが作った衆院解散の是非問うサイト「どうして解散するんですか?」が21日からインターネット上で注目を浴び、「小学 4年生が作ったとは思えない」と炎上。関与を疑われていたNPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」の代表・青木大和氏(20)が22日、ツイッターで 「今回の一連の騒動は全て私1人が行いました」と謝罪した。

以下略 ソースはこちら

  しかしこの法人、どんな活動をしている団体なのでしょうか。Facebookを見てみると、若者向けに政治参加を呼びかけているようです。

 この団体の活動内容について調べて見て、それに対して意見がないわけではないのですが・・・、若者がわずか19人でやっている組織とのことですし、さまざまな方の批判や、今回の事件に関する首相直々のコメントもあったようなので、この団体についてはこれ以上は書きません。

 今回の注目は、「子供が自分に都合の良い意見を発表した」という情報に対して安易に反応し、利用しようとした民主党の浅ましさといったところなのでしょう。


←よろしければ、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。

にほんブログ村



2014年11月19日 (水)

前田利家生誕地

 最近、名古屋へ行くことがあったので、前田利家が生誕地に建立したという荒子観音に立ち寄ってみました。観音寺という寺号で天台宗であるとのことです。

 前田利家といえば加賀百万石ですが、出身は尾張国荒子村です。織田信長に若いときから仕えていました。

Img_0393

Img_0396

本堂です。綺麗になっています。

Img_0394

多宝塔です。重要文化財になっています。
Img_0395

横から入ってきたのですが、正門に回ると、このような看板が立っていました。 

Img_0397


一箇所案内のない交差点があったので少しだけ迷いましたが、それらしき場所に到達できました。こちらは神社になっています。隣接地には公園がありました。ここは城跡でもあるようなのですが、この神社と公園を合わせた場所が城だったのかもしれません。

Img_0398

Img_0399
Img_0401

Img_0402

こちらは比較的訪問者が少ないのか、ひっそりとした雰囲気に感じられました。周辺は昔からの市街地なのか、かなり狭い路地がたくさんありました。

 

←よろしければ、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。

にほんブログ村

2014年11月16日 (日)

道の駅 ころ柿の里しか

Img_0421
 志賀町の国道249号沿いにある「道の駅ころ柿の里しか」に立ち寄ることができました。


Img_0420

 割と広いのですが、結構車が止まっています。建物がいくつもあります。左奥に見える建物が物販施設です。

Img_0426
Img_0424
 物販施設の店内の様子です。地元の農産物や土産物が売られており、まあ道の駅の物販としては良くありがちの構成だと思います。

 別の建物に移ります。
Img_0423
 風呂およびプールが入っています。
Img_0427
 同じ建物の逆サイドは食堂となっています。この建物の客が停まっている車の多くを占めているのでしょう。

さらに別の建物を見ます。
Img_0428
足湯があると書いてあります。右に見えるドアの中が足湯のようです。しかし、この足湯にいたる導線のデザインは、なんとなく裏っぽくていまいちに感じられます。
Img_0429
足湯につかってきました。ぬるすぎでもうひとつでしたが、ひとここちつきました。

Img_0431
 足湯が外側についている建物の中に入ってみます。表示によると開館時間内であり、ドアも開いていたのですが、中は電気が消えており真っ暗でした。そのため、自分で電気をつけて中に入りました。これはちょっといただけませんでした。利用客が電気を消して帰ってしまったのかもしれませんが。

Img_0432
Img_0433
 中はさほどの内容ではありませんが志賀町に関する展示が4つほどあります。

 以上、かなり施設が沢山詰め込まれた、豪勢な造りの
道の駅でした。


←よろしければ、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。

にほんブログ村

2014年11月13日 (木)

道の駅能登空港 および のと里山空港

 奥能登の中心付近に平成15年に能登空港という空港が新設されました。開港いらい10年余り経過しましたが、搭乗率は依然堅調のようです。

 開港前は私も含め、こんなところに空港作ってどうするんだという意見も聞きましたがうれしい誤算のようです。

 そして、道の駅能登空港という施設も存在しています。ホームページの説明によると、空港自体が道の駅であるという扱いになっているようです。そのため、土産物売り場や売店、食堂などは空港ビルの中にしかないのですが、これらが道の駅として存在している扱いとなっています。

Img_0412
 空港ビルです。いつの間にか「のと里山空港」という名前になっています。

Img_0408 
 入り口を入って正面の搭乗手続き窓口です。一日2便なので、全体にかなりコンパクトです。


Img_0410 
 同じ一階には観光案内があります。そのほか1Fには売店、レンタカーが入っています。

Img_0407
 2Fには土産物売り場があります。その隣は搭乗口です。

Img_0404
 3Fには食堂があります。価格設定はやや高めです。味は私が食べたことがある限りはごく普通の食堂の味だと思います。「能登丼」は食べたことがありません。

Img_0403
 同じ3Fには見送りデッキがあります。

 これら空港関連施設は前述のように道の駅扱いのようにされていますし、利用者にもそのように考えて欲しいということだろうと思います。

 とはいっても、「空港」と道路付属施設である「道の駅」は管轄が違うはずなので、空港として整備した部分と、道の駅として整備した部分があるはずです。

 外に出て注意してみると、「道の駅」として作ったらしき部分が分かります(べつに分からなくてもなんら害はありませんが)。

 空港ビルから出て正面の駐車場を横切ると、その先にある道路の向かいにそれらしき一角があります。

Img_0413

Img_0414

Img_0415  

 緑地、園路、駐車場、トイレ、自販機と一通りの公園施設がそろっています。おそらく「道の駅認定基準」(あるのかないのか知りませんが)を満たしているのでしょう。そしてトイレの近くには道の駅の標識がある(どこが道の駅なのかはっきり書いてないのですが)ので、たぶんこの一角が道の駅と考えてまちがいはないでしょう。
 あまり使われていなさそうな公園施設ですが、駐車場に車だけは結構停まっています。空港には役所関係も入居しているので、職員駐車場になっているのかもしれません。

 ほとんど使われていなさそうなトイレや緑地、園路が「道の駅」の名前を取るためだけを目的に作られたとすると、ちょっともったいない気がします。

←よろしければ、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。

2014年11月 6日 (木)

輪島塗のバイオリンが披露される

バイオリンは「輪島塗」…漆器工房の苦心作
 漆を使って輪島塗のように仕上げた珍しいバイオリンの演奏会が5日、石川県輪島市立河原田小学校で開かれる。
 漆特有の上品な赤色の光沢で、プロのバイオリニストが名曲を奏でる。音の響きをできるだけ損なわないように苦労を重ねて仕上げた漆器工房の会長八井汎親(やついひろちか)さん(77)は「漆塗りのバイオリンはこれまで作られていない。常識を覆すバイオリンに触れてもらい、夢を持つきっかけにしてほしい」と思いを込める。

以下略 ソースはこちら (yomiuri online)

 輪島塗で出来たバイオリンが完成し、輪島の小学校でプロバイオリン奏者による演奏が行われたようです。どんな音色だったのでしょうか。今後は量産も考えられているようです。

 記事によればCDプレイヤーなども作っているとあります。マグネシウムに漆(こちらは会津の職人によるもの)を塗ったCDスタビライザーであるACCUREAD(アキュリード)が評判が良いことから考えて、漆は自然でよい響きを出すのかもしれません。

←よろしければ、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。

にほんブログ村

2014年11月 2日 (日)

CDの緑塗装失敗時のふき取り

 音楽CDの再生やリッピング時の高音質化対策のひとつとして、CDの周囲などを緑色に塗装するという手法があります。
 ブログ「Yoshii9を最高の音で聞こう!」では探求の結果、CDをリッピングする前にCDの内側の透明な部分(表裏および内周)と外周部をPOPSTARの緑で塗装することにより高音質でリッピングできると書かれています。そこで、私もその方法を模倣してみた結果高音質化が確認されたため、CDリッピング前にはこの方法によりCDの緑塗装を行っています。
Photo_2

Photo_3
 当然、この作業をすると時には失敗してデータが記録された部分にはみ出して塗ってしまう場合があるわけですが、その場合の対処についても「Yoshii9を最高の音で聞こう!」において探求されており、緑塗装を落とすことができて、なおかつCD盤面への影響が少ないものとして化学の専門家にも相談しながら選ばれている製品が和光堂のアルコールティッシュです。
Photo

 同ブログでは、緑塗装を失敗したらこのアルコールティッシュで力まずふき取ると書かれています。  そこで、私においてもこの製品を購入し、使ってみましたが、全然落ちませんでした。そこで、仕方なくより強い薬品で落としてから、直ぐに水で洗い、さらにこの製品で清掃していました。今回たまたま、レーベル面に緑ペンがはみ出したものをふき取ってみてようやくコツが分かったので報告します。

 力一杯やるともちろんCDを傷つける恐れがあるので現金ですが、完全に力を抜いて吹くのではなく、少しだけ力を入れて数回~十回程拭くと緑が取れていきました。言葉で書くと分かりにくいので、レーベル面に塗ってみて、それがいやなら適当なプラスチックやアクリル板などに塗ってみて練習すると、どのくらい力を入れればよいか分かってきます。
 これでひとつリッピング作業が楽になりました。


←よろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。
にほんブログ村

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »