2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

« 輪島市名舟 | トップページ | 寄り道パーキング金蔵 »

2014年8月24日 (日)

システム紹介118 変態SCSIケーブル

 私は音楽CDのリッピングに関して、SCSIのCD-ROMドライブと同じくSCSIのMOドライブを使っています。
 そして、これらをPCに接続するためにSCSIカードとして2chのU320-SCSIコントローラーが載ったアダプティックのAHA-39320を使用しています。


(画像はメーカーホームページより)
 動作速度としては10MB/sのFast-SCSI(SCSI-2)であれば十分なのですが、パラレルSCSI最高速の320MB/sのスペックを持つ U320-SCSIのホストアダプタは高速動作において問題が出ないように配線パターンや部品のレイアウトなどのアナログ的な工夫をしているらしいのでそ れが音質上の有利ではないかと考えたため、U320-SCSIの対応製品を選択しています。ただし本当に恩恵が出ているかどうかは良く分かりませんでし た。

 

 もうひとつ、SCSI-RAIDを組むわけでも、多数のSCSIデバイスを接続するわけでもないのに2chのコントローラーを搭載した製品を選んでいる のは、CD-ROMドライブとMOドライブ、いずれか片方だけ使いたい場合にもう一方の電源を落としておきたいのですが、SCSIは同一chに電源の入っ ているデバイスと切れているデバイスが混在すると不具合を起こすため、2chあったほうが都合が良いためです。

 

 CD-ROMは内蔵、MOは外付けであり、内蔵のCD-ROMについては普通のwide用68ピンのため68ピン-50ピンの変換コネクタを使って接続 できますが、外付けについて、このカードのコネクタは 超高密度のVHDCIというマイナーな規格のため、ここにFast-SCSIの外付け機器の接続は難しいと思い、まず内部のコネクタを50ピンに変換し、 その後、外だし器具を用いて外付けケーブルを繋ぐという繋ぎ方で当初接続していました。

 

 ところが、探してみるとこのVHDCIと普通の50ピンハーフピッチコネクタを直結できる変態的なケーブルが「SCSI Pro Shop」で販売されていたのです。
 これなら、最小の接点でAHA-39320とSCSI-MOを直結できます。このケーブルはこちらです


 割とやわらかめでしなやかなので、音質的には悪くなさそうです。

 

 よくぞこんなケーブルを販売していてくれました。SCSI Pro Shopに感謝です。購入後もちろんRD-3で消磁して、使用を開始しました。

←よろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。
にほんブログ村

 

« 輪島市名舟 | トップページ | 寄り道パーキング金蔵 »

オーディオ」カテゴリの記事

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システム紹介118 変態SCSIケーブル:

« 輪島市名舟 | トップページ | 寄り道パーキング金蔵 »