2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

« PCオーディオfan ~志は果たされたか?~ | トップページ | 防衛相、強襲揚陸艦の導入検討 対中国抑止力を向上 »

2014年7月 7日 (月)

戦後史秘話「中国軍」が沖縄にいた!〈週刊朝日〉

 終戦直後の沖縄に中国軍がいたという意外なニュースがでました。

ここから本文です

戦後史秘話「中国軍」が沖縄にいた!〈週刊朝日〉

 沖縄戦終結から今年で69年。知られざる戦後沖縄の新たな一面が明らかになってきた。第2次世界大戦直後、沖縄に残された米軍の武器や物資が集められた場所があった。鉄条網で囲まれたそのエリアは「チャイナ陣地」と呼ばれ、中国軍の兵士たちが駐留していたという。

---中略---

「チャイナ陣地について載っている文献はほとんどありませんでした。地元のお年寄りだけが知っていて、下の世代には語り継がれていませんでした」

 聞き取りで、中国の軍隊が確かにいたこと、チャイナ陣地のだいたいの場所、そこにはおびただしい数の車両や鉄骨が置かれていたことがわかった。ただ、か つてチャイナ陣地があったといわれる場所に行っても、現在は畑や中学校になっていて何の痕跡もない。地域のお年寄りでも知っている人は限られている。

以下略 ソースはこちら

 歴史には、当時いた人たちには常識だったことが、後世に全く伝わっていないというものが良くあります。昔の庶民の暮らしは歴史で最も分からないことに挙げられますし、比較的新しい例でいうと昭和30年代の国道のルートなども、現在調べようとすると結構骨が折れるのも良く似た事象だと思います。この事実もそのようなもののひとつになりかけていたのですが、ここで上手く発掘されたようです。
 この「中国軍」は国民党軍で、中国共産党との戦いのたため、アメリカ軍の余った資材を買い取っていたとのことです。

←よろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。

にほんブログ村

« PCオーディオfan ~志は果たされたか?~ | トップページ | 防衛相、強襲揚陸艦の導入検討 対中国抑止力を向上 »

ニュース」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦後史秘話「中国軍」が沖縄にいた!〈週刊朝日〉:

« PCオーディオfan ~志は果たされたか?~ | トップページ | 防衛相、強襲揚陸艦の導入検討 対中国抑止力を向上 »