2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

管理用

  • 管理用

« gooニュースに載った「意味がよく分からないニュース用語」、政府筋、みだらな行為 | トップページ | 皇室典範、自民議連が「男系男子堅持」求める »

2014年5月13日 (火)

想定外の地質構造で橋台が沈下 - 急傾斜した支持層に基礎杭が届かず

日経コンストラクションに掲載されたニュースです。

日経コンストラクション 2014年4月28日号 26~29ページ (計4ページ)

《 近畿自動車道の橋梁工事で橋台に変状 》 国土交通省中部地方整備局が近畿自動車道紀勢線で整備していた橋梁で、橋台に沈下や傾斜などの変状が発生。基礎杭を打設する地盤の地質構造が想定と異なり、一部の杭が支持層に届いていなかった。発注者は完成した橋台の使用を諦めて、それに替わる新たな橋台を急遽、構築。桁にも手直しを加えて対処した。また今後の対策として、内部の設計基準に、支持層の位置把握に注意を促す項目を加えた。--以下省略--

 
 設計基準の改定として、具体的には「横断方向に支持層が傾斜していることが推察される場合は、予備調査で道路の中心線より支持層の深い側でボーリングを行う」、「海沿いで山地が多い地形での詳細調査では、地表は平坦でも支持層が急傾斜している場合があるので、縦断方向だけでなく横断方向の支持層傾斜も考慮し、基礎の左右でボーリングを実施する」と記述したとのことです。安易に調査数量を増やすことなく適切に支持地盤の評価を行うことを目指した規定を設けたといえます。
 この事件があった現場の基礎地盤についてほとんど触れられていないので(堆積軟岩のようですが)分からないのですが、はたして、地表地質踏査とその結果を考慮した地質解析をしっかり行っていたのか、行っていれば事態は防げたのではないかとの疑念がわきます。どうなのでしょうか。

←よろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。
にほんブログ村

« gooニュースに載った「意味がよく分からないニュース用語」、政府筋、みだらな行為 | トップページ | 皇室典範、自民議連が「男系男子堅持」求める »

ニュース」カテゴリの記事

地質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« gooニュースに載った「意味がよく分からないニュース用語」、政府筋、みだらな行為 | トップページ | 皇室典範、自民議連が「男系男子堅持」求める »