2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

« 外務省 「未来志向の日韓関係を目指して」動画を公開 | トップページ | 牛丼「すき家」店舗が次々と『人手不足閉店』  »

2014年3月19日 (水)

「ごちそうさん」に描かれた戦中

 NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」内で、戦争が終わり、戦後となりました。

 「戦時中」はどう描かれるのかということに注目しながら見ていましたが、
・戦争が始まった頃はまだ生活に余裕があった。いさましい軍歌なども良く謳われていた。
・表面上はみなが、「お国のために戦争に協力しなければいけない」という意識を持っていた。ただし、それは国から強制されてそうさせられていたというものではなく、社会がそういう雰囲気だったためであった。
・強がって、軍への志願を口にする若者も多かった。
・戦争末期は重苦しい時代であったが、「戦前」は暗黒時代ではなく、大正時代や昭和ヒトケタあたりは、文化的には昭和30年代との連続性を感じさせられる。

といったかかれ方をしており、結構等身大の現実に近い描写であったと思います。これを見て、戦争についてどう思うかは人それぞれが良いと思います。
 空襲に対して、米軍の無差別殺人であるとの非難がなかったなんて事を言う方もいますが、期待しすぎというものでしょう。私は非常に良い戦時中の描写であったという印象を持っています。
←よろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
にほんブログ村

« 外務省 「未来志向の日韓関係を目指して」動画を公開 | トップページ | 牛丼「すき家」店舗が次々と『人手不足閉店』  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ごちそうさん」に描かれた戦中:

« 外務省 「未来志向の日韓関係を目指して」動画を公開 | トップページ | 牛丼「すき家」店舗が次々と『人手不足閉店』  »