2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

管理用

  • 管理用

« のと鉄道廃線跡;穴水町竹太 | トップページ | システム紹介102 CD-ROMの電源 »

2014年3月26日 (水)

Microsoftが初期のMS-DOSとWordのソースコードを一般公開

 マイクロソフトがMS-DOS1.1、2.0とWord1.1aのソースコードを公開しました。若手技術者にPCのルーツを理解できるようにという目的のようです。
 これらのソフトを開発した当時のマイクロソフトは社員100人以下の中小企業だったようです。(あぁ、このときマイクロソフトの株を買っていれば・・・)
 いづれにしても、商業的に役目を終えたプログラムが公開されることはコンピュータの利用を広げる意味で喜ばしいことです。ついでにWindows95あたりまでオープンにしてくれないかな。

MS-DOS1.1と2.0のダウンロード先
Computer History Museum | @CHM : MICROSOFT RESEARCH LICENSE AGREEMENT | Microsoft DOS V1.1 and V2.0
http://www.computerhistory.org/ms-dos-early-source-code/agreement/

Word1.1aのダウンロード先
Computer History Museum | @CHM : MICROSOFT RESEARCH LICENSE AGREEMENT | Microsoft Word for Windows version 1.1a
http://www.computerhistory.org/_static/atchm/microsoft-word-for-windows-1-1a-source-code/agreement/

←よろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。
にほんブログ村

« のと鉄道廃線跡;穴水町竹太 | トップページ | システム紹介102 CD-ROMの電源 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Microsoftが初期のMS-DOSとWordのソースコードを一般公開:

« のと鉄道廃線跡;穴水町竹太 | トップページ | システム紹介102 CD-ROMの電源 »