2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

« 神武天皇と卑弥呼の前後関係 | トップページ | ハワイ »

2014年2月26日 (水)

バッファローのPCオーディオ、ネットオーディオ向けNASについて

 バッファローが新たに立ち上げたオーディオブランド「DELA」からオーディオ用NASなる製品が発表されました。(AVwatchのニュースはこちら
 以前、バッファローからはオーディオ用スイッチングハブなる製品も発売されましたが、そちらはトホホな内容であったため、このニュースを見た瞬間は、また看板倒れの製品かなと思いました。ところが、ニュースの内容を見てみますと

音質を最重視した筐体設計とし、・・・「オーディオ機器らしい佇まい」を目指した


ですとか

端子部はLED明滅のための配線が、LANへの悪影響を及ぼすのを排除するため、ライトパイプと呼ばれるパイプにより、端子裏からLEDを明滅する仕組みを採用。ノイズの発生を抑えた。また、クロックもオーディオ品質のロージッタタイプ

を採用している。

SSDは、グループ会社のバッファローメモリが開発したオーディオ用のカスタム品。N1Zの企画段階から両社が協力して、専用のファームウェアを開発。SSD内のバックアップ電源による消費電力の安定化や、ピーク性能にとらわれない安定したリード/ライト性能など、オーディオ配信に最適化したという。SSDでは、ユーザーからは特別な操作を行なっていない際でも、定常的にアクセスが発生するため、大きな電流変化が生じ、音質へ影響していたという。新ファームウェアにより電源が安定する一方、リード/ライト性能は低下するが、オーディオのコピーや再生には十分な速度を有しているとのこと。

N1Zの電源は、オーディオ用とSATA/USB 3.0などの外部機器用の電源ユニットを分離して搭載。回路だけでなく電源ユニット自体も分離することで、LAN再生への外部機器からの影響を排除している。


といった記述を見ると、オーディオ機器的な設計思想を取り入れた、音質上の配慮がなされた製品であるらしいことが分かります。

 内部の写真を見ても(こちらもAV watchより転載)オーディオ雑誌で目にする高級オーディオ機器の内部写真のような見た目ではあります。


 このようなつくりであればHDDモデルで20万円、SSDモデルで80万円という豪華なお値段も、買う価値があるかどうかは人それぞれながら、まあ適正かなという気がします。
 以上結構魅力的な製品なのですが、疑問点を挙げると

・シャーシが四角く、角張っている。
これでは振動し易くならないのでしょうか。「オーディオ機器らしい佇まい」を追求した結果なのでしょうが、丸っこいデザインのほうが高音質になった可能性があるような気がします。その辺は比較試聴し検討したのでしょうか。

・ハードディスクをなぜ2台積んでいるのか?
NASとして考えた場合は複数台のHDDを積んでRAIDに対応するのが普通ですが、オーディオ用であるなら、2台HDDを内蔵することによって互いの振動が影響しあわないのか、疑問になります。1台だけの構成では試したのでしょうか。

 もっともこのような点は十分検討されて製品化されたのかもしれません。いずれにしても今までになかったコンセプトの製品であり、高音質を目指して設計されたNASが発売されることは喜ばしいことであり、魅力的な製品であることに違いはありません。ただし、電池駆動派であり、機器内部の改造も行わない方針の私としては、この製品は電源内蔵のため、幸か不幸か購入対象にはなりません。出来ればパーツのばら売りもして欲しいところですが、予定は無いようです。

←よろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。
にほんブログ村

« 神武天皇と卑弥呼の前後関係 | トップページ | ハワイ »

ニュース」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
トピとは関係ありませんが、もう一つ増えたのでお知らせします

http://www.realcable.biz/

法的措置がどうとかいってますね

早速のコメント・・・と思ったら・・・

そのサイトはもちろん知ってますよ。
他にも相変わらずブログモドキを毎週のように作っているようです。検索サイト対策のためにサーバーを変えながら(検索結果を自身のサイトで埋める意図と思われます)

いちいち反応しても無駄な労力なので、今のところとくにコメントしておりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッファローのPCオーディオ、ネットオーディオ向けNASについて:

« 神武天皇と卑弥呼の前後関係 | トップページ | ハワイ »