2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

« 韓国の慰安婦企画展に600人 仏漫画祭、「ひどい」「初めて知った」主張浸透の恐れも | トップページ | ソニーのヘッドホン MDR-1RNC(MDR-1シリーズ) »

2014年1月31日 (金)

三角縁神獣鏡についての発見

「卑弥呼の鏡」は「魔鏡」 3Dプリンターで復元

3次元(3D)プリンターを使って「卑弥呼の鏡」との説がある古代の青銅鏡「三角縁神獣鏡」の精巧な金属製レプリカを製作したところ、壁に投影した反射光の中に鏡の背面に刻んだ文様が浮かび上がる「魔鏡」と呼ばれる現象が起きることが分かり、調査した京都国立博物館の村上隆学芸部長が29日発表した。

 鏡は古代の祭祀(さいし)で用いたと考えられているが、具体的役割は不明だった。この現象は太陽光線など平行光で特に顕著で、人心を掌握するのに用いた可能性や、太陽信仰との関連を指摘する意見もあり、古代鏡の研究に新局面をもたらしそうだ。

以下略

http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC2902G_Z20C14A1000000/?dg=1

 三角縁神獣鏡に関する3Dプリンタを使って発見のようです。それはいいのですが、三角縁神獣鏡は国内で500枚以上発見されたことから、卑弥呼が魏からもらった鏡100枚であるはずがなく、他にも中国では1枚も発見されていないことから、卑弥呼の鏡であるとする説は信憑性が著しく低くなっています。ですので、「卑弥呼の鏡」というタイトルは不適切なものといわざるを得ません。

←よろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。
にほんブログ村

« 韓国の慰安婦企画展に600人 仏漫画祭、「ひどい」「初めて知った」主張浸透の恐れも | トップページ | ソニーのヘッドホン MDR-1RNC(MDR-1シリーズ) »

ニュース」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

魔鏡現象を引き起こすのは鏡面のサブミクロンの凹凸だと言われています。
3Dプリンターでそんな精緻な復元ができるのでしょうか?

kameさん
どうなんでしょうねえ。どうやって形状データを計測したとか、そちらも興味のあるところですが、よく分からないところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三角縁神獣鏡についての発見:

« 韓国の慰安婦企画展に600人 仏漫画祭、「ひどい」「初めて知った」主張浸透の恐れも | トップページ | ソニーのヘッドホン MDR-1RNC(MDR-1シリーズ) »