2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

管理用

  • 管理用

« 【賞賛される日本】中韓と異なるインドの歴史観と「インパール戦争」の評価 | トップページ | 三角縁神獣鏡についての発見 »

2014年1月31日 (金)

韓国の慰安婦企画展に600人 仏漫画祭、「ひどい」「初めて知った」主張浸透の恐れも

韓国の慰安婦企画展に600人 仏漫画祭、「ひどい」「初めて知った」主張浸透の恐れも

 フランス南西部アングレームで30日に始まった「アングレーム国際漫画祭」で、韓国政府が実施している慰安婦をテーマとする企画展に約600人が訪れ、韓国側の主張に沿った展示内容をすっかり信じ込むケースも目立った。

 会場には、旧日本軍の兵士が当時の朝鮮半島の少女を拉致したり乱暴したりするといった内容の十数作品が展示された。入り口の説明文には、日本側が慰安婦問題を認めていないかのような記述もある。

 見学者のイザベル・プティさん(48)は「ひどい。娘にも見せる。日本はなぜ認めないのか」と涙を流し、ベルギー人のジャンジャック・ハロタンさん(55)は「こんな事実を初めて知った。日本が認めないのは残念」と話した。

 日本大使館は、政府による取り組みや立場を説明する文書をプレスセンターで配布した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140131/erp14013110270002-n1.htm

 こんなところでも韓国の捏造宣伝がはびこっているようです。対抗措置が望まれます。

 さらにこんなニュースも


「慰安婦漫画」韓国OK、日本ダメ 仏国際展 主催者「政治的な宣伝」

 【アングレーム(フランス南西部)=内藤泰朗】欧州最大級の漫画フェスティバル、フランスのアングレーム国際漫画祭が30日、開幕した。漫画祭には、慰安婦問題をめぐる日本と韓国の作品が出展されたが、主催者側は、「強制連行はなかった」側の漫画を「政治的」として撤去するよう要請した。韓国政府が持ち込んだ「元慰安婦被害者」の作品は展示を許可した。「韓国側主張の誤りを正し、真実を伝えたい」と、漫画作成に意気込んできた日本側関係者は納得せず、波紋が広がっている。

 30日、韓国政府の趙允旋(チョ・ユンソン)・女性家族相はアングレームを訪問し、「散ることのない花」と題した元慰安婦についての漫画企画展の開幕を宣言した。しかし、事前に地元記者らを対象に予定されていた説明会は主催者側の要請で中止された。

 日本発慰安婦漫画の出展準備を進めていた実業家の藤井実彦氏(41)ら「論破プロジェクト実行委員会」のメンバーらは29日、アングレーム中心部にある「アジア館」の日本ブース前で行っていた記者会見の中止を主催者から求められた。

 主催者は、日本側の漫画について「政治的な宣伝だ」と発言、日本側の関係者と論争になったという。

以下略

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140130/erp14013021050006-n1.htm

 では韓国側の政治的な捏造宣伝も拒否してほしいものです。

  ←この記事が良いと思った方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

« 【賞賛される日本】中韓と異なるインドの歴史観と「インパール戦争」の評価 | トップページ | 三角縁神獣鏡についての発見 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

対抗措置ですか

しかし、日本人が彼らを解剖するように理解しようとしないうちは、たぶん何もできないともいます
日本とアメリカが戦争になったとき、アメリカが真っ先にやったことは日本語と日本の国民性の研究でした
日本は逆に欧米のものを全て拒絶しましたね

よんまるさんは、「彼ら」について、何をどの程度ご存じですか
この件について言えば韓国人はフランス人というものを良く研究し、戦略を立てて臨んだの対し
日本人側は「韓国人など世界の嫌われ者だから、世界の人気者の日本人が言うことが通る」となめきっていた、ということじゃないでしょうか。毎度のことですけど
同じような「失敗」はたびたびアメリカであったというのに

日本人は自分自身や相手のことを客観視できないし、知ろうともしない。わずかばかりの小島に閉じこもっている
そちらの方がよほど問題があるということを、この出来事は語っていますね

>日本人は自分自身や相手のことを客観視できないし、知ろうともしない。
その必要性すら、多くの日本人は理解していないと思います。
 韓国の主張を否定しようとすると、国内でも良い顔をしない方が多くいますが、それは「韓国に媚びへつらっている」というよりも、日本的感覚で韓国を理解しようとするから起きている現象だと思います。
 つまり、現在の日本的感覚においては「嘘の被害を主張して、謝罪と賠償を要求する」行為は極悪ですが、それゆえに「人を安易に極悪人扱いしてはいけない」→「韓国の主張は真実」という思考回路になっている結果であるように思われます。別の文化における思考行動様式と自らが信じている思考行動原理に無知なのです。

 日本人は長年の島国生活のなかで、仲間内で争わず、怨念を発生させないことに腐心しながら生きてきた結果、こういった争いごとはきわめて苦手になっているのでしょう。古代の日本人はもっとしたたかであったように思われます。近現代の日本人には、他国の国民性を研究して情報戦の戦略を立てるなんて事は思いもよらないことなのでしょう。

 韓国では、日常の買い物も喧嘩腰で相手を非難しながら値切らないとままならないと聞きます。文化が大きく違うこと適切に理解することの必要性を多くの日本人が理解したらいいなと、この種の問題について知人と話したりすると強く思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【賞賛される日本】中韓と異なるインドの歴史観と「インパール戦争」の評価 | トップページ | 三角縁神獣鏡についての発見 »