2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

« 公的年金、運用益最高に 昨年18兆円に倍増 株高が追い風 | トップページ | オーディオ用PC本体の防振対策(失敗編) 鉛文鎮 »

2014年1月12日 (日)

システム紹介101 CD-ROMトレイの塗装

 かつて、高音質の音楽CD-R作成という分野において、高音質化の定番として、ドライブのトレイを黒く塗装するブラックトレイ化というテクニックが流行 しました。その後、PC用ドライブにおいても、内部を黒く作ると音質的に有利と考えられるようになり、プレクスターにおいても末期のプレミアムにおいては トレイや内部の色を黒色としました。

 CDプレイヤーではどうかというと、ネットや雑誌に載っている製品写真やオーディオショップ店頭でCDプレイヤーのトレイを見てみると多くの機種が黒色 を採用しています。さらに家電量販店にて、ミニコンポやポータブルCDプレイヤーを見ていっても大半の機種はCDをマウントする場所は黒くなっています。 ポータブルCDプレイヤーでは一部外観と同色のものもありますが、それでもレンズ周りは大体黒くなっています。

 以上のことから考えると、トレイの色は「黒」としておくことが無難と思われます。ところがPC用ドライブの場合は、コストダウンのためと思われますが、白いトレイのものが結構あります。私がリッピングに使用している光ドライブは、名ドライブといわれたプレクスターの読み取り専用CD-ROM PX-20TSであり、非常に高音質でリッピングできますが、まだ内部の色は黒がよいと考えられ始める以前のドライブであるためか、トレイが白です。

 そこで、以下の写真のようにトレイを黒く塗装しました。

塗装にはプラモデル用の塗料であるMr.COLORの「つや消しブラック」を用いました。

 塗装の効果はしっかり聞きくらべていないのですが(元に戻すのは大変ですし)、少しだけ背景のざわつきが落ち着き雑味が減少する方向の変化があったように思われました。


←よろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。
にほんブログ村

« 公的年金、運用益最高に 昨年18兆円に倍増 株高が追い風 | トップページ | オーディオ用PC本体の防振対策(失敗編) 鉛文鎮 »

オーディオ」カテゴリの記事

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システム紹介101 CD-ROMトレイの塗装:

« 公的年金、運用益最高に 昨年18兆円に倍増 株高が追い風 | トップページ | オーディオ用PC本体の防振対策(失敗編) 鉛文鎮 »