2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

« システム紹介82-1 RAMディスク ANS-9010B | トップページ | システム紹介83 RAMディスクANS-9010Bに対するインシュレーター »

2013年11月20日 (水)

システム紹介82-2 RAMディスクANS9010Bの音質


 前回に引き続き、RAMディスクANS-9010Bについて書いていきます。

 この製品はDDR2-SDRAMをSATA2のドライブとして使用する製品です。私の使い方としては、

1.マザーボードのメモリが最大2GBであるため、アドレス空間の残り1.2GBを利用するためのスワップファイルの置き場所として使用する。

2.iTunes、QuickTime、Foobar2000のインストール先にする。

3.音楽CDからイメージファイルを作成するためのテンポラリ

以上の3つの用途に使用しています。これだけですのでメモリは2GBを1枚だけさしています。メモリはもう一枚2GBのものを持っているので4GBにも出来るのですが、消費電力が大きくなるため、2GBで我慢しています。一応これでも上記用途の容量としては足りています。

 このANS-9010Bのオーディオ的な性能を探るため、WAVファイルを再生させた音質を内蔵メモリに作成したRAMディスクと比べてみました。なお、ANS-9010Bは外付け化しています。内蔵メモリとは同じDDR2-SDRAMですが(製品は違います)、外付けの有利さによるANS-9010Bの圧勝を期待しました。しかし、聞き比べてみると違いがほとんど分からず、内蔵メモリに作ったRAMディスクに比べて、特に有利とはいえないようです。もちろん、ANS-9010Bを利用すればメインメモリの容量を圧迫しないというメリットはあります。
 私はWAVファイルの保存先としてはNASを用いているわけですが、こちらとの聞き比べは、RAMディスクのほうがずっと良いなんて結果になると悩みが増えるので、特に行ってはいません。ただ、印象としてはANS-9010Bの音は現在の環境下ではNASからの再生に対して、特に優れているわけではないと感じています。

 次に、ANS-9010Bを接続した環境下でNASのWAVファイルを再生し、1ヶ月ほど耳を鳴らしてから、ある日にANS-9010Bをはずして、システムのSSDに入っている再生ソフトを使い、スワップファイルはoffで音楽を再生してみました。すぐには違いが分からなかったのですが、一時間ほど聞いていると、なんとなく寂しい音のような気もしました。そこで、ANS-9010Bを取り付けて元に戻してみると、「これだよコレコレ」と感じられるような、前日までの音質に回復しました。どこが違うのか分からないようなわずかな差のですが、効果は出ていたようです。ただ、再生ソフトの置き場所の違いなのか、スワップファイルの置き場所の影響なのかは分かりません。どちらの場合もWAVファイルはNASに置いています。

 いずれにしても、わずかながら効果が感じられたため、このANS-9010Bについても常用としています。


←よろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。
にほんブログ村

« システム紹介82-1 RAMディスク ANS-9010B | トップページ | システム紹介83 RAMディスクANS-9010Bに対するインシュレーター »

オーディオ」カテゴリの記事

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システム紹介82-2 RAMディスクANS9010Bの音質:

« システム紹介82-1 RAMディスク ANS-9010B | トップページ | システム紹介83 RAMディスクANS-9010Bに対するインシュレーター »