2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

管理用

  • 管理用

« システム紹介74 NASのインシュレーター | トップページ | 台湾の気象台でマグニチュード4.5以上の地震発生のお知らせアラームに踊るポンポコリンを採用 »

2013年10月28日 (月)

辞めなければ収まらない「日本の風潮」は、みの自身が作ったのでは

 記者会見の最後に「次男に対し一言」と問われたタレントのみのもんたが、「バカヤロー!」と絶叫した。31歳の次男による窃盗事件が発覚した当 初、みのは親の責任については否定的だったが、会見では「親子の縁は切れない。親の道義的責任を考えるなら、番組を降りて責任をとる」と語った。(サンケイスポーツ

  潔い決断と言いたいが、TBSの「朝ズバッ!」の出演自粛から1カ月半もたっている。マスコミを遠ざけ考え抜いた末、というより世論の風向きを見極めてい たのか。人は熱しやすく冷めやすい、とタカをくくっていたかもしれないが、逆風はいつまでも収まらず、TBSも支えきれなくなったようだ。

  「バカヤロー」はいわゆるぶらさがり取材ではなく、記者会見での“公式発言”だけに重い。言外に「お前のためにこんなことになったんだぞ」と、親の責任よ り最後まで次男に責任転嫁する自己保身と取られても仕方ない響きがある。「親として立ち直ってくれることを信じている」とでもいえば、まだ救いがあったの ではないか。

 みのは2005年から始まった『朝ズバッ!』では、歯にきぬ着せぬ物言いで世の中を切ってきた。テレビ界の風雲児でもあり庶 民派の代表ともいえる存在だった。正義の味方を気取って、時には「責任者出てこい!」「頭を下げて済むもんじゃない!」と当事者を追い詰めた。やり玉に上 げられ、世の批判を必要以上に浴びた人も少なくないのではないか。

 逆に、その人たちからすれば「こんな人に叩かれたのか」と、いまいましい思いだろう。会見では、辞めなければ収まらないのが「日本の風潮」と言ったが、その風潮を作った一人がみの自身ではなかったのか。 (今村忠)

元記事はこちら

 みのもんた氏については特に批判するつもりは有りませんし、今回の降板にはどちらかと追えば同情しております。

 ただし、このタイトルのように「辞めなければ収まらない「日本の風潮」は、みの自身が作ったのでは」という疑問には同意するところで、みのもんた氏からこのあたりの発言があってほしいなと願っています。



人気ブログランキング

« システム紹介74 NASのインシュレーター | トップページ | 台湾の気象台でマグニチュード4.5以上の地震発生のお知らせアラームに踊るポンポコリンを採用 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« システム紹介74 NASのインシュレーター | トップページ | 台湾の気象台でマグニチュード4.5以上の地震発生のお知らせアラームに踊るポンポコリンを採用 »