2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

« 日本共産党の変節 | トップページ | システム紹介55,56 スイッチングハブ2台目 »

2013年10月11日 (金)

システム紹介52,53,54 NAS,AirMacExpressへのLANケーブル

 「Yoshii9を最高の音で聞こう!」においてはLANケーブルについての探求も行われています。まず電気店で売られているPC用のLANケーブルをかなりの種類試したあとで、プロケーブルで販売しているベルデンのLaNケーブルを試して、「音楽の湧き出るLANケーブル!」と絶賛しました。その後、さらに高音質のケーブルとして
・Harmonet SLIM G
が掲出されました。こちらについては、普通の電気店で売られている商品であったため、市内のジョーシンで購入し試しました。このケーブルもブログに書かれているとおりの高音質でした。

 さらにその後、Harmonet SLIM Gをさらに上回るLANケーブルとして、ビックカメラブランドのケーブルで極細の
LAN-S601WHがよいとの記事が出ました。ビックカメラは近県にないため、直ぐには入手できませんでしたが、東京に行く用事会ったときにビックカメラ新宿店に立ち寄り入手しました。


システム紹介52:
まずAirMacExpressに使ってみました。Harmonet SLIM Gを試したときも同じ方向だったのですが、音が清明かつ克明でそれでいて自然な広がりに変化しました。アーベルの極細USBケーブルを導入したときと似た変化であり、YA-1のインシュレーター群とも効果が似ています。

システム紹介53:
 NASの接続にも試しましたが、これがAirMacExpressにこのケーブルを使ったときと同じ変化でした。AirMacExpressは外部クロック的利用のため、ケーブルを通っている関係のある信号はデータ送信のリクエストと送っているかどうかわかりませんが有るとすればデータ受信確認の信号だけのはずです。(PCからAirMacExprssに送られる音声データはアンプに送られないため、使われていません)一方でNASからPCへはWAVファイルが送信されています。そのような違いにもかかわらず、同じような音の変化をするというのは不思議にも思えます。

システム紹介54:
 PCとスイッチングハブの間のLANケーブルもこのビックカメラブランドのケーブルにします。当然ですが上記2つと同じ効果がありました。

←よろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。
にほんブログ村

« 日本共産党の変節 | トップページ | システム紹介55,56 スイッチングハブ2台目 »

オーディオ」カテゴリの記事

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システム紹介52,53,54 NAS,AirMacExpressへのLANケーブル:

« 日本共産党の変節 | トップページ | システム紹介55,56 スイッチングハブ2台目 »