2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • にほんブログ村

管理用

  • 管理用

« システム紹介29 DSIX-1.0PAの電源 | トップページ | AirMacExpressの外部クロック的利用 »

2013年9月 2日 (月)

システム紹介30 DSIX-1.0PAのダンピング

 アコースティックリバイブのDSIX-1.0PAには見た目の印象よりもかなり柔らかいとはいえ太いケーブルが生え出しでついています。また、回路の入っている箱は軽いため、ケーブルに引っ張られて安定しません。

 そこで、私は写真のように亀をかたどったガラス細工を上に乗せてダンピングしています。「亀」とDSIXの間、DSIXの下には写真のとおりオーディオテクニカのインシュレーターを入れています。これらによりDSIXを安定して設置することができました。
 「亀」の設置により音の変化はごくわずかでしたが、音場が広がる感じがしました(気のせい程度です)。オーディオテクニカのインシュレーターは滑り止めとして機能していますが、これらによる音の変化は全くわかりませんでした。


←よろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ←こちらもお願いします。
にほんブログ村

« システム紹介29 DSIX-1.0PAの電源 | トップページ | AirMacExpressの外部クロック的利用 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システム紹介30 DSIX-1.0PAのダンピング:

« システム紹介29 DSIX-1.0PAの電源 | トップページ | AirMacExpressの外部クロック的利用 »